日本へ復帰した沖縄県

日本に返還される前の沖縄

太平洋戦争末期に多くの犠牲者を出した沖縄は日本が戦争に負けた1945年の終戦時にアメリカの統治下に置かれました。アメリカの文化流入になかなか馴染めない方も多くその後沖縄県は琉球として民間人の間には浸透しつつありましたが、1952年頃には民間人の所有する土地を米軍基地にしてしまうなどがありました。

1960年代には祖国復帰運動が盛んに行われるようになり、1972年に沖縄県は日本に返還されました。しかし、返還後から現在に至るまでも米軍関連のニュースは多く、米軍に関わっているデモ運動などは現在も活発に行われています。特に基地の問題は年々大きくなってきており、いたるところで民間人による反対運動が巻き起こっています。

返還後も残る米国文化

沖縄返還後の沖縄県でも文化的な面では相変わらず米軍は支配的であり、住民は今までの生活スタイルの変更を余儀なくされていました。特に沖縄に売っている商品を見てもらえれば分かりやすいのですが、海外のスーパーに売ってあるようなものが非常に多く、そういった面でも統治下時代の影響は今でも根強く残っているように感じます。街を歩く米軍関係者は今でも多く、戦闘機も基地の側を頻繁に飛んでいます。

現在は沖縄の文化とアメリカの文化が混ざり合ったような独特な雰囲気を醸し出しているところも沖縄の良い面であると言えるのではないのでしょうか?沖縄県は日本では珍しい他国の雰囲気も味わえる県です。沖縄県の歴史を知りながら独自の雰囲気を楽しんでください。

沖縄ツアーは、沖縄特有の郷土料理を味わえるものや、クルージングやマリンスポーツなどの体験型のものまで様々なプランがあります。