沖縄の礎となったグスク時代

グスク時代の始まりは12世紀ごろか

「グスク」とは、沖縄語で「城」を意味する言葉です。研究者や時代によって異なりますが、現在は12世紀初頭~後半に始まったとの見方が一般的になっています。この年代の人々は、狩りや採集を行って移動しながらの生活をやめ、同じ場所にとどまり農業で食料を生産する生活を始めたと言われています。すると人々は集落を作り集団で生活するようになり、その中で強い発言力と権力を持った者が生まれました。それが「按司(アジ)」と呼ばれる指導者です。

按司が生まれた頃には、沖縄は既に外国との交易も行うようになっていました。よって按司は権力だけでなく、豊かな富も手に入れた存在だったとされています。富という強い力を持った按司たちは、13世紀ごろになると城塞の建設を始めました。つまり、この城塞が現在グスクと呼ばれる建物です。

琉球王国の成立、そして現在の沖縄へ

そしてグスクを建設した按司たちは、各地にいる他の按司と争いを始めます。やがて時代が進むと、按司の中でもより強い力を持った「世の主」「大世の主」と呼ばれる按司が現れ、沖縄は3つの勢力によって統治されるよう(いわゆる三山時代)になりました。それから時は流れ、グスク時代終盤の15世紀には尚巴志(しょうはし)が全ての勢力を統一し、統一国家である琉球王国が誕生したと言われています。現在も遺る沖縄の首里城は、尚巴志一族の住まいであるとともに、各地の按司たちが集められたグスクでもありました。

グスク時代に始まった諸外国との交易は、沖縄に数多くの新たな文化をもたらしました。特に最大の交易であった出会った中国からは、思想や芸術など様々な面で強い影響を受けています。よってグスク時代は、現在の沖縄の大きな礎であると言っても過言ではないでしょう。

竹富島のツアーなら水牛車観光が最適です。水牛が引く車に乗り島内を巡りますが、水牛の歩む速度でゆっくり進むと非日常を体験できます。